小田急線 相鉄線 相模線 海老名駅より 徒歩5分 講師 渡邊 シン ソルミュージック 音楽スタジオ併設の音楽教室
海老名市外の綾瀬・座間・相模原・厚木・大和・藤沢・横浜など、その他遠方在住の生徒もいます。

ソル ミュージックスクール

ミュージック  やろうよ!
:0120-349-864

平日10時〜24時 / 土祝9時~24時 / 日曜日9時~20時

TEACHERS渡邊 シン

TOP > 講師紹介 >渡邊 シン

渡邊 シン
(わたなべ・しん)

「やりたいこと、やってみたいことを 一緒にどんどん挑戦していきましょう!」

渡邊シン
Profile

1993/11/8生まれ。LUDWIG,ISTANBULエンドーサー。
3歳よりピアノを習い始め、5歳より作曲を始める。
11歳の時にピアノの演奏会でT-SQUAREのTRUTHを演奏し、フュージョン音楽に 魅了される。
14歳でドラムに出会い、15歳より西和に師事。高校在学中に今成英樹に師事。
同時に、バークリー音楽大学卒の安達たけしに音楽理論を師事。
2008年、アダチ音研セッションイベントにてベストドラマー賞受賞。
2010年9月に横浜Hey-JOEにて自身のリーダーセッション〈Gt.佐々木秀尚(有形 ランペイジ) Key.矢吹卓(坂本冬美など) Ba.田中晋吾(T-SQUARE) Dr.渡邊シ ン〉でプロデビューライブを成功させる。
2010年より横浜Jazzプロムナードに毎年出演。
2012年、アダチ音研のドラム科、音楽理論科のカリキュラム全過程を修了する。
2012年7月、T-SQUAREの安藤正容(Gt)に認められ、同氏のユニット、Andy'sに 参加。
2012年10月よりゲーム・アニメ『THE IDOLM@STER』天海春香役、声優 中村繪 里子のソロライブイベント『ら♡ら☆ら♪ なかむランド~Love♡Laugh☆Live♪~』 バックバンドに参加。
2013年9月、ポップインストゥルメンタルフュージョンバンド、LUCAに5代目ド ラマーとして正式加入。
2013年10月、T-SQUAREのベーシスト須藤満との自身の企画するセッションライ ブを成功させる。
2013年12月より、ベーシストAKIRAによるプロジェクト、art-voxに参加。
2013年12月より、東京ブラススタイルのアレンジを担当。
2014年1月、自身初の1stソロアルバム『ぺんちゃん、空を飛ぶ』をリリー ス。ドラム、ピアノ、作曲アレンジ、プログラミングを全曲 担当。
2014年11月、東京ビッグサイトにて行われた楽器フェア2014にて、 Ludwig,Istanbul,Bosphorusの新製品 を紹介するデモンストレーションを行う。
2015年1月、Rittor Music Drums Magazine2月号(1月発売)Next“Crossover”Drummersとして特集される。
2015年4月、出口陽(ex.SKE48)のバックバンドをつとめる。
2015年5,6月、KAMIJO(ex.Versailles)の一ヶ月弱にわたる全米ツアーに参加。
2015年7月、Rittor Music Drums Magazine9月号(7月発売)のSteve Gadd特集 にて、インタビュー記事掲載。
2015年8月、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」アルバムレコーディングに参加。
2015年9月、ゲームLIVE A LIVEの20周年イベントにてバックバンドに参加。
2015年10月、現在アメリカで最も注目されているバンド『Jonathan Scales Fourchestra』の来日公演にて、オープニングアクトをつとめる。
2015年10月、Rittor Music Drums Magazine12月号(10月発売)300号記念特集 に掲載される。
2015年、Ludwigエンドーサーとして各地方にて自身のドラムクリニックを精力的に展開中。

現在、(敬称略)安藤正容(Gt)(T-SQUARE)、宮崎隆睦(Sax)(T-SQUARE)、 米川英之(Gt)(ex.C-C-B)、須藤満(Ba)(T-SQUARE)、大橋勇武(Gt)、岡田治郎 (Ba)(PRISM)、石川 俊介(Ba)(ex.聖飢魔II)等ベテランミュージシャンとの共演を重ね、 セッション、声優、アイドル、ロック、ビジュアル系、J-POP、ツアーサポー トなどジャンルを問わずドラマーとしての活動する中、作編曲、楽曲提供なども行う。

講師インタビューはこちら

担当コース

MOVIE

コメント

これからドラムを始める方、もっともっと極めたいという方、どんな人でもドラムの面白さ奥深さを楽しんでもらえるようなレッスンを行っております。
カリキュラムは一切ありません。生徒さんのやりたいこと、やってみたいことを一緒にどんどん挑戦していきましょう!

この講師の無料体験レッスンに申し込む
※お電話での申し込みも可能です。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。
お電話でのお申し込みはこちら
:0120-349-864
こちらの講師の無料体験レッスンは《ドラムコース》でのお申し込みとなります。
必須お名前
必須電話番号
お電話がつながりやすい時間帯
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
必須年齢
 

必須性別

    男性

    女性

必須職業
必須レッスン希望日
備考:その他ご相談、ご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。
必須送信確認
  
講師インタビュー
使っている機材を教えてください
ドラムはLudwig,シンバルはIstanbulをエンドース契約をしており使用しております。他のドラムにはない個性的なキャラクターで最高の音です!
※エンドース契約…ミュージシャンがメーカーから無償で楽器の提供を受ける代償として、「公の場所」における演奏は必ず楽器の提供を受けたメーカーのものを使用する契約のことをいいます。
音楽を始めたきっかけを教えてください
3歳でピアノを始め、いやいや言いつつも続け・・・サックスをやりたくて中学校の吹奏楽部に入部しましたが、打楽器パートの先輩にうまいこと勧誘されて気付けば打楽器をやっていました。
打楽器も最初はいやいややっていたのですが、後にそれがドラムとの出会いのきっかけになりました。
ドラムの魅力とは?
ドラムはとてつもなく自由な楽器です。ドラム譜というものは存在しますが、実際に僕らがライブ等で演奏するとき楽譜通りに演奏しているかというと全くそんな事はありません。
その時の空気感で自分の思うように展開できるのがドラムの最大の武器だと思っています。ドラムは、ギターやベースと違って音階がありません。
それに叩きゃ鳴るとっても単純な楽器です。そんな原始的な楽器だからこそどんな楽器よりも奥が深い楽器です。
例えば同じスネアでも叩き具合、叩く位置、叩く角度、それらが少しでも変わるだけで毎回違う音が出ます。
ドラムは音色の境界線のない唯一の楽器だと思います。
どんな悩みや相談をされる事が多いですか?
僕自身Twitterなどでドラムソロ動画をよく投稿しているので、あのドラムソロはどう叩いてるのかとか、あのフレーズは。。。等テクニック方面の質問をされることが多いです。
ドラムは本当に自由な楽器なので、のびのび演奏し、バンドの大黒柱としてしっかりみんなを導いていれば後は自分のボキャブラリ、引き出しを増やすだけ、という単純なことを皆さんに知ってほしいです。
レッスンで気をつけている事はありますか?
不安なところをしっかり解決して持ち帰って欲しいので、生徒さんの質問には100%答えるられるようにしています。なんでも聞いてください、いっしょに解決しましょう!
音楽をする上で、またはスクールに通う上で何か大切なことはありますか?
何よりも『好奇心』だと思います。よく、レッスンに通っていればそれだけでうまくなると思う方がいらっしゃいますが通っているだけでは上達しません。
興味を持てないもので、言われたからやっているだけ というのはいくらやっても身にならないと思います。
レッスンではいくつかの「方法」「手段」を教えますが、そこから先はそれに興味をどんどん持ち、自らいろんなことに挑戦していくことが大切だと思います。
渡邊先生のレッスンの特徴はなんですか?
基本的な技術のレッスンはもちろんですが、普段実際の現場で演奏しているからこそ教えられるレッスンが行えるので、『基本』のその先『応用』『実用』というところまでバッチリレッスン致します。
初めてでも、不安があっても、ひとつずつしっかり解決して一緒にステップアップしていきましょう!
●長谷川先生より
生まれて初めて自分のお小遣いで買ったCD(レコード)はいつ?何でしたか?
Disneyアニメ『ノートルダムの鐘』の日本語版サウンドトラックを高校生の時に買いました。ドラムなんて全く入ってませんが。。。
幼少期からピアノをやっていたこともありミュージカルがとても大好きで、よく舞台を観に行っていたのですが、特に劇団四季が好きで。
この『ノートルダムの鐘』という映画はDisney映画では唯一、日本語吹き替えをすべて劇団四季のメンバーで行っているのです。もうそれはそれは素晴らしくて。
主役が石丸幹二さんという方で、甘い歌声、演技力、超大好きなんです。
あれ、全然ドラマーっぽくない答えでした。。。
●佐々木秀尚先生より
ギタリストに求めることはなんですか?
ドラマーはステージの立ち位置的に、ライブ中ギタリストの後姿しか見れないことがほとんどで、演奏中少し寂しい気持ちになったりします。。。
もし余裕があればたまに後ろチラッと見たりしてくれると『あ!ちゃんと聴いてくれてるんだ!』とモチベーションも上がるので是非一緒に演奏している以上目でも会話できると楽しいです!
●二見先生より
楽器の定期的なメンテナンスは気持ちよく演奏する上で大事な事だと思いますが、皆さんはどのように(頻度・方法)ご自分の楽器をメンテナンスされてますか?
ちなみに僕は半年に一度所有楽器をまとめてリペアショップにオーバーホールしてもらってて、自分の楽器の弾き心地が変わったと感じた時もすぐ持っていきます。
ドラムのヘッドはモノによっては一ヶ月ほどですぐへたってくるので、少しでも音に違和感を感じたらすぐ変えるようにしています。なるべく理想の音を維持したいですよね。
この講師の無料体験レッスンに申し込む
PAGE TOP ▲